100Vオイルレス・エアコンプレッサー

100Vオイルレス・エアコンプレッサー

インパクトレンチ、エアラチェ、ブロアー・・・作業効率が大きく向上

メンテ用のガレージを持っていれば当然ながら・・・そしてガレージとはいえないまでも自宅駐車場でちょっとした作業スペースがあるなら・・・導入を考えたいのがエアコンプレッサー。インパクレンチなどのエアツールを駆使できれば、メンテの幅も大きく広がる。問題は「音」だ。

 

エアコンプレッサーがあればタイヤのエア補充を簡単に行うことができ、エアクリーナーの清掃や洗車後の水分を吹くとバスといったメンテも楽々。また、エアツールを使用すればボルトの脱着もスピーディで、スプレーガンによるプロ並みの塗装も夢ではない。

 

ただし、エアツールは6気圧以上という高圧の圧縮空気でエアモーターを回転させるため、連続使用には一定の能力が必要。具体的には1.0HP(1馬力)が最低ライン。これ以下ではエアの供給が追いつかず、エアツールの性能も活かしきれない。

 

また、パーソナルユースなら手間のかからないオイルレスタイプがベストだ。そんな要求をカバーできる製品を4台紹介しよう。

 

オイルレスエアーコンプレッサー WB-25(シンセイ) 購入価格11,780円

WB-25

DIY商品として開発されたオイルレスタイプのエアコンプレッサー。

 

手間のかかるオイルの補充作業や作業中のオイルの噴き出しがなく、家庭用100V電源で各種作業に応じたエアツールが使えるため、これ1台で様々な作業が可能となる。

 

最高使用圧力0.78MPaで、レギュレーターも付属。エアコック付きとなる空気接続口は一般的な1/4ワンタッチカプラーとなっている。

 

 

 

 

APオイルレスエアコンプレッサー 25L RED(アストロプロダクツ) 購入価格14,900円

25L-RED

オイル管理不要のオイルフリータイプのエアコンプレッサー。

 

オイル交換の必要がないためメンテナンス性がよい。

 

圧縮空気にオイルが交わることもないため、エアスプレーガンなどの使用にも最適だ。

 

最高使用圧力はやはり0.78MPa。ホース接続口はエアコック付きの1/4ワンタッチカプラーだ。

 

 

SK11オイルレスエアーコンプレッサー SR-102(PUMA)

SR-102

日曜大工などさまざまな用途に役立つレギュラーサイズの往復ピストン方式オイルレスエアコンプレッサー。

 

オイルレスのためオイル交換の手間がかからず、圧縮空気へのオイル流入がない綺麗な空気を供給する。

 

最高圧力は0.8MPaで、もちろんレギュレーターも付属。

 

タンク内圧縮計はエアタンクに直付けという珍しい仕様になっている。

 

 

APサイレントオイルレスエアコンプレッサー30L(アストロプロダクツ)

30l

コンプレッサーオイル不要のオイルレスエアコンプレッサー。

 

最高使用圧力の0.78MPaのサイレントタイプで従来のエアコンプレッサーに比べて作動音が非常に静かなため、住宅街でも近隣に迷惑をかけることなく使用できる。

 

内圧計横(直後)にレギュレーターを設けた一般的なメーター配置で、ホース接続口はエアコック付きの1/4ワンタッチカプラーだ。

 

スポンサーリンク

 

100Vオイルレス・エアコンプレッサー記事一覧

100Vオイルレス・エアコンプレッサー比較

タンク容量は25L/30L、出力は1HP/1.5HPこのクラスのコンプレッサーユニットはどれも似たような造り(一部のサイレントタイプは別)で、容積的にはほぼ同じ。出力の0.5HP差を外観から判断できるほど、サイズが大きく異なることはない。このため、サイズ的な差はタンク容量の違いによる長さ程度で、横幅...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ