エアコンプレッサー オススメ

エアコンプレッサー | 12V電動空気入れを選ぶならこれがオススメ

クルマの電源を利用してタイヤへ空気を補充する!

タイヤの空気圧は正常な状態でも少しずつ抜けていくため、定期的なチェックと補充が必要となる。

 

その際、必要となるのが自動車タイヤに対応した空気入れで、車載しておけば日常の点検やエアの補充はもちろん、パンク修理キットも一緒に用意しておけば、出先でのパンク修理さえも可能だ。

 

その自動車タイヤに対応した空気入れには、手動式(足踏み式)と電動式の2タイプがあるが、手動式の場合、パンクなどで空気圧ゼロの状態から補充するとなると、かなりの体力が必要。

 

このため、パンク修理での使用も視野に入れた場合、DC12Vで動作する電動式エアコンプレッサーがベスト。その電動式を価格帯別に4製品ご紹介しよう。

 

エアーコンプレッサーF-56(メルテックMeltec) 購入価格1,630円

エアーコンプレッサーF-56

エア圧力がMAX200PSI(1300kPa)というビッグパワーが謳い文句のコンパクトなDC12V仕様のエアコンプレッサー。

 

ボールやボート用のアダプターも付属するため、タイヤの空気入れに限らずさまざまな場面で活躍する。

 

電源はバッテリー直給電のクリップ型で、スイッチはコードの途中に設けられている。

 

 

エアーコンプレッサーNo.496(大橋産業BAL) 購入価格2,100円

エアーコンプレッサーNo.496

収納性に優れたボックスタイプのDC12V仕様エアコンプレッサーで、空気の入れすぎを防止する安全バルブを内蔵。

 

最大圧力は450kPaで、高圧仕様のテンバータイヤへのエア充填も問題なく行うことが出来る。

 

電源はシガーソケットによるアクセサリー給電で、スイッチは本体側にアリ。

 

 

12VミニエアコンプレッサーAP040827(アストロプロダクツ) 購入価格4,200円

12VミニエアコンプレッサーAP040827

タイヤに空気を補充することを目的としたDC12V専用ミニエアコンプレッサー。

 

シガーライターソケットに接続するだけで簡単に空気の補充ができ、各種アダプターが付属するため、アウトドアやレジャー等でも重宝する。

 

最大0.68ZMPa。エアホースはワンタッチカプラー接続のスパイラルホースという、高圧エアに準じた仕様となっている。

 

 

ボルケーノ ハイパワーコンプレッサーEM-240(エマーソン) 購入価格5,780円

ボルケーノ ハイパワーコンプレッサーEM-240

評判が良かったというボルケーノEM-106を小型軽量化し、価格を抑えたモデルチェンジ版のDC12V仕様の小型エアコンプレッサー。

 

最高出力500kPaで毎分35Lのエアを排出することが可能。

 

電源はシガーライターソケットによるアクセサリー給電。スイッチは本体側にある。

 

お役立ちナビ

車を売却する場合、一般的にはディーラーに持ち込むケースが多い。しかしオンラインの無料査定サイトを活用することで、大幅に差額が出る事例が多数。浮いたお金でメンテナンスキットやカーナビなどオプションを付けられる可能性大。

 

車査定を無料でするならココ - 車下取り査定ガイド

 

 

スポンサーリンク

 

エアコンプレッサー | 12V電動空気入れを選ぶならこれがオススメ記事一覧

12Vエアコンプレッサーを比較してみた

まずはサイズとスペックホース長やコード長といった基本スペックは実測値で以下のとおり。カタログ表記との差はどの製品も測定誤差の範囲内だ。本体サイズはBALがもっともコンパクトで、電源コードとエアホースは共に本体ケース内にズッポリ収まるため、とにかく収納性に優れる。またアストロプロダクツとエマーソンはB...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ